所沢メンネルコールは1987年1月に、『所沢で第九を』で歌っていた男たちが、半年間も『歌なしではつまらない』として結成した男声合唱団であり、今年で32年目を迎えています。
最初は29名でスタート、現在では45名を超す団員を擁する埼玉県では代表的な合唱団になりました。団員は所沢あるいは近郊に住む幅広い年齢層で構成されています。
指揮は、男声合唱を知り尽くしている岩佐義彦先生、ピアニストは大下 さや香先生にお願いしており、より高い音楽性を求めて様々な合唱活動を楽しんでおります。

2018年6月より、第33回定演(2019年7月28日開催)で披露する予定の以下の曲の練習を順次開始いたします。

  1. 佐藤眞作曲:男声合唱のためのカンタータ「土の歌」
  2. 多田武彦作曲:男声合唱組曲「尾崎喜八の詩から」
  3. ラテン歌曲:コンドルは飛んでいく/アンダルシア/コルドバ/マラゲーニャ/失われた小鳥たち
  4. 宇田川安明編曲アラカルト:メモリー/サンライズサンセット/北酒場/ねこバス/いい日旅立ち

主な活動

  • 定期演奏会(ミューズ)
  • 公開練習
  • 演奏旅行(国内・海外)
  • 埼玉県合唱祭
  • 所沢市民合唱祭
  • 彩の国男声コーラスフェスティバル
  • 合宿
  • 団内お楽しみコンサート(公開)
  • 学校・地域での演奏
  • 所沢で第九を(有志参加)など

上記のほか、各種飲み会(お花見・歓迎会・忘年会等)、ハイキング、ゴルフ、卓球、カラオケ同好会、等の行事やサークルがあります。
全員による合唱以外にも、『小グループ』単位でハーモニーを楽しむアンサンブルもあります。年末の団内お楽しみコンサートでは、ソロ・デュエット・カルテットなどを含め、各種グループで楽しい演奏を披露しています。

< 現在活躍中の団内グループ>

 

典礼聖歌を唱う会>

高田三郎氏が精魂を込めて作曲された「典礼聖歌」を愛好する メンバー12、3名(他の合唱団の人もいます)が、主として第1/第3火曜日17:30~19:30に、11月の新所沢地区文化祭などでの演奏を目指して練習しています。
一緒に唱いませんか!

 

施設訪問合唱団「絆」>

当団の社会貢献・地域奉仕として、特養ホームなどを訪問し、 施設利用者の心の慰めに少しでも役に立ちたいとする有志が2014年7月に発足させました。
3ヶ月に1回ほどの無理のないペースで、近隣の施設で歌っています。

 

他には友好団体として、バーバーショップハーモニーを楽しむ「ゴッサム」 というグループがあります。(団員以外もメンバーに入っています。)


練習日時 毎週土曜日 17:30~21:00 いつでも見学においでください。

練習場所 練習場所の詳細は、練習予定をご覧ください。

会  費 月 4,500円 高校生・大学生は半額、中学生は無料。

     他に楽譜代などは実費。